スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






中長期でのFX取引で損しないための方法



FX取引に限らず、リスク商品へ投資している多くの投資家の方々は、常にリスク分散を
心がけています。同じ通貨を取引しても時間を分けてポジションを取ったりします。


株式投資はFXのように相場の流動性が高くなく、また手数料が格安ではないので、一つ
の銘柄を10分おきに、売り買いを行いながら複数のポジションを取る取引は難しいです。


ですので多くの場合でトヨタだけを取引するのではなく、任天堂や、ソフトバンクといった
形で異なる業界の銘柄に分散して投資することでリスクを抑えます。


FX取引でもスワップポイント狙いで中長期で取引する場合は、リスクを抑えるためにも、
複数の通貨に分散して投資します。リスクを抑える手段としては非常に有効です。


取引する通貨の相関性を調べた上で投資します。例えばAの国の通貨とBという国の通貨
に分散して投資しても両方同じ方向に進むので分散効果が低いです。


ですので、相関性が低いとされる通貨同士を選ぶ必要があるのですが、基本的に為替が
大きく動くのは、政策金利が変動した時なので、その国の経済状態を必ず調べます。


例えば、インフレ化が進んでいるため、インフレを抑制するために、毎月のように政策金利
が上がっている国の通貨と、経済が安定期にあって、長い間政策金利の変更がない通貨
では市場にて同じような動きをする可能性は低いとされています。


また、国同士の因果関係から分散するのもよいでしょう。


分散投資するのは、あくまでも中長期で保有される場合のみに有効であって、為替差益を
狙った短期売買では効果が薄いのことから分散投資を意識しなくても良いでしょう。







スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : FX取引 通貨 スワップポイント

さらに詳しくしらべる


 検索例  
FX 通貨ペア 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

FX FX取引 レバレッジ 外国為替市場 ニュージーランドドル ユーロ 南アフリカランド 政策金利 豪ドル 為替相場 外貨投資 くりっく365 雇用統計 米ドル 通貨 投資 FOMC 為替レート ニューヨーク市場 スプレッド 外国為替相場 トルコリラ テクニカル分析 ドル円 ユーロドル スワップポイント 利益 ドル クリック365 取引所FX 店頭FX 通貨ペア 分散投資 IFD注文 ファンダメンタルズ分析 リスク 課税方式 FX取引業者 証拠金取引 ロスカット ドル安 ドル円相場 為替市場 税金 短期売買 資産運用 ポンド 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。